エンジンプレートランマー 不動修理その1倉敷店2020/10/30

先日、ジャンク不動にて入ってきたプレートランマーですが
リコイルを引っ張ると非常に軽い。。。
なんとかエンジンが掛かってもブローバイホースより白煙が・・・
よくある圧縮不良による圧縮抜けと思われます。

試しに、タンクを外していざエンジン内部、御開帳。

案の定、カーボンが蓄積し、ピストン上部やバルブに付着していました。

こちらはヘッドのプラグ側。
カーボン等の汚れが蓄積してかなり酷い状態。。。

ここまで酷いとクランクケース内も怪しいと思いピストンを外してみると・・・・

僕が見てきた中でトップクラスのヤバさ。
この一番右側のリング、オイルリングと言ってエンジンオイルが燃焼室まで上がらないようになっているんですが
そのオイルリングのオイルをせき止めるテンショナーがバラバラになってクランクケース内に散らばっていました。

サンドブラストにてしっかり汚れ落とし。
注文した部品が届き次第シリンダーとの摺合せ等を行い組付け予定。

コンディション抜群にして店頭で販売致します。

■LINEで簡単査定

売りたい工具、倉庫に眠っている工具はありませんか?写真を撮影して送るだけで概算査定が出来ます!是非お気軽にご利用下さい。

LINE査定を希望する方はココをクリック!


■ヤフーオークションに大量の商品を出品中

ヤフーオークションはこちらから